So-net無料ブログ作成

ホワイトボーダー@恵泉蓼科ガーデン [紀行]

シンボルツリーの巨大なリンデンバームがある広々とした芝生の広場を取り囲むように
柔らかな曲線を描くホワイトボーダーがある

20170721_05.jpg

アスチルベやアルケミラモリスやシルバーリーフなどが植えられた目にも爽やかなボーダーだ
背の高い木々の深いグリーンを背景としているので白が尚さら映える

20170721_03.jpg

20170721_04.jpg

ガーデン全体の中でもかなりの面積を占める芝生が見事なまでにキレイに管理されているので
それがさらに庭を美しく見せている
大勢の観光客に踏み荒らされるガーデンだったらこうはいかないと思う

20170721_01.jpg

ホワイトボーダーでひときわ目を引くのは斑入りのダンチク
数メートルにも大きくなるので一般家庭ではなかなか植えられないけれど
眩しいほどの白斑が本当に美しくて憧れる

20170721_06.jpg

恵泉蓼科ガーデンの紹介は今回でおしまい
人の手を掛け過ぎず自然本来の姿を尊重するという姿勢でプランツエコロジーを守れば
ローメンテナンスでも美しい庭を維持できるというお手本がここにはあった
これまで訪れたどの観光ガーデンより少ない人数で、どの観光ガーデンより手入れが
行き届いていたことに感動し、ガーデナーの深い愛を感じる庭だった

20170721_02.jpg

学ぶことの多い素晴らしいガーデンでした^^
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー