So-net無料ブログ作成

ピクチャレスクガーデン [紀行]

庭を作り始める前、ポール・スミザー氏の本や映像で管理のイロハを学んだ庭守は
勝手に心の師だと思ってきた
なのにポールさんが手掛けた庭はこれまで写真やショウガーデンでしか見たことがなかった
一番見たかった宝塚のシーズンズは願いが叶う前に閉園してしまった
そして現在ポールさんは八ヶ岳に拠点を移されている
だから軽井沢のピクチャレスクガーデンは今の内にどうしても見ておきたかった

20170831_07.jpg

ピクチャレスクガーデンは独立したガーデンではなく絵本の森美術館の敷地内にあり
広めの前庭のような位置づけだ
地元の人すらガーデンに名前が付いていることを知らなかったくらいだ
庭を見るためには美術館の入館料を払わなくてはならない
時間がなかったのでいくつかある美術館や博物館には入ることなくガーデンだけを見学した

20170831_01.jpg

時期もあるのだろうけど咲く花もほとんどなくグリーン一色だった
カラーリーフすらあまり見かけなかった
見渡す限りさまざまなグリーンのパッチワーク

20170831_02.jpg

20170831_03.jpg

絵本とおもちゃの展示なので訪れる客層のほとんどが小さな子供連れのせいもあると思うけれど
ガーデンにカメラを向ける人は庭守以外におらず、完全に風景に溶け込んでいる印象だった
観光向けのガーデンとしては珍しいほど地味だし、人によっては目に留まらないかも知れない
ある意味思い切った植栽だと思った
ただ、風土に合っているのだろうホスタを始め植物はどれも驚くほど大きく育っており
一つ一つがボリューム感たっぷりだ

20170831_05.jpg

20170831_04.jpg

ポールさんらしい・・と言えるほどポールさんのことをよく知っているわけではないけれど
日本の雑誌や世間がこぞって言う『ナチュラルガーデン』と
ポールさんが言うそれには大きな隔たりがあると常々思っていた
本物のナチュラルガーデンが見たかった
だからここを訪れることができて本当によかった

20170831_06.jpg

今日は行数をオーバーしてお送りしました
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チークのチェアに・・・! [雑記]

うちの庭のシンボル的存在となっている大きなチークのガーデンチェア
英国の建築家が設計したこのチェアのデザインに惚れ込んでぜひ庭に置きたい!と
庭を作り始める前に先走って買ってしまい、届いたら思っていた以上に大きくて驚いた

20170830_01.jpg
(春の写真)

そんな思い入れのある大事なチェアにある日気づいたらモコモコと大量の木くずが・・・!
なんと中にアリが巣を建設中らしい(@@;) この夏はとことん害虫尽くしだ

20170830_02.jpg

コガネムシ大量発生の次はアリ・・(--; )
banner15.gif ←見たよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

◯◯恐怖症 [生きもの]

今を盛りとセミの大合唱がピークを迎えており、庭に出るのにかなりの勇気がいる
毎年言っているけれどセミ恐怖症だ 嫌いなのでも苦手なのでもない ただただ怖い
木に止まって鳴いているだけならまだいい
毎日庭に出たり緑の中を犬と散歩する庭守はセミに襲われる率が非常に高い
向かって来るセミに対して口をついて出るのは「キャー!」ではなくなぜか「ごめんなさいっ」だ

20170829.jpg

ちなみにエレナはセミが大好物です^^;
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏のシェードガーデン [エリア2]

半日陰と言いつつも日照時間が結構長く、室外機からの熱風地獄もあるので
夏の終わりにはいつも乾燥で葉がチリチリになったり葉焼けしたりと散々なシェードガーデン

20170828_01.jpg

ところが今年は被害が少なく、葉が残って青々している
猛暑とは言え雨が多かったのが幸いしたのだろう

20170828_02.jpg

取り分けうちでは育たないアジュガが未だに元気な姿でいてくれることが何より嬉しい

20170828_03.jpg

次の関門は冬期の乾燥です^^;
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

軽井沢レイクガーデン② [紀行]

軽井沢レイクガーデンの中で気になったエリアをもうひとつご紹介する

・・・・・
細い階段を上って少し小高くなったところに突如現れた秘密の園

20170825_06.jpg

20170825_01.jpg

他のエリアとは趣向が異なっていて全く別の場所に迷い込んだような不思議な印象を受けた
乾燥に強い植物でまとめられたグラベル敷きのドライガーデンのようだ

20170825_02.jpg

20170825_04.jpg

カラーリーフが多用されていて特にコニファーのシルバーブルーが冴えて美しい
予想外にカッコいい庭守好みのガーデンだった

20170825_05.jpg

20170825_03.jpg

もっとグラスがあったら尚良かったかな^^
banner15.gif ←見たよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

軽井沢レイクガーデン [紀行]

夏休みを利用して真夏のレイクガーデンへ。。。

昨年のビズガーデン大賞の賞品として北海道から九州まで全国各地の庭園の入園券を頂いた
その中で行けそうな範囲で一番行きたいと思ったのが『軽井沢レイクガーデン』だった
避暑地とは言え季節は真夏 ベストシーズンとは言えないけれど行ける時に行っておきたかった

20170824_01.jpg

案の定、バラが終わったガーデンはガランとして観光客も少なく静かだった
しかしガーデナーの方に話を聞くと「どの季節も見どころがあるように作っています」とのこと
確かにローズガーデンを始め既に見頃は終わったと思われる場所も多々あったけれど
夏の宿根草が見頃を迎えているエリアは見応えがありダイナミックで美しかった

20170824_05.jpg

20170824_02.jpg

20170824_04.jpg

20170824_03.jpg

20170824_06.jpg

水辺のある風景はとても絵になりますね
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高原の別荘 [紀行]

軽井沢の山の中にセカンドハウスを買った

20170823_01.jpg

中古だけど小さな小屋があって広いウッドデッキも付いている
目の前に広がる芝生はドッグランにしようかそれとも高原の庭を作ろうか。。。

20170823_02.jpg

というのは冗談で、ここは軽井沢のドッグラン内
夏休みに行った軽井沢旅行の様子を順に紹介していきます

夢ですねぇ^^*
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

モナルダ・プンクタータ [エリア4]

プンクタータが咲き進み、花のように見えていた苞葉の間から本物の花が見えてきた
全体的にくすんだ色合いとなりシャビーな感じが庭守好みだ

20170822_01.jpg

段々となった淡いピンク色の苞葉の間に見える薄いクリーム色が本来の花
よく見ると細かい斑が入っておりそれが『プンクタータ』の名前の由来となっている

20170822_03.jpg

蕾が上がって苞葉が色づき段を重ねながら咲き進むという一連のプロセスが長く楽しめる花だ

20170822_02.jpg

期待以上に素敵でした^^
banner15.gif ←見たよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

季節はずれの落ち葉 [雑記]

実際に庭を持つまでは木が落葉するのは秋だけだと思っていた
ところが常緑樹のシマトネリコは春に大量の枯れ葉をまき散らすし
落葉樹のジューンベリーは暑さに参って夏の間かなりの葉を落とす
特に今年は空梅雨の後に来た厳しい猛暑のせいか例年にないくらい落葉しており
庭はさながら秋の様相 結局のところ真冬以外は一年中落ち葉拾いをしている気がする

20170821.jpg

ジューンベリーは暑さが苦手です^^;
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カヤック遊び [ゾロとエレナ]

那須では今年もワンコたちと共にカヤックを楽しんだ

z170814_01.jpg

と言っても水遊びが好きなのは実はワンコではなくて人間の方
潜れない鬱憤をこうして湖上で晴らすのだ

z170814_04.jpg

なぜかカヤックの時だけは自ら進んでよく泳ぐ水嫌いのゾロとエレナ
いつか一緒に泳げる日はやってくるのだろうか

z170814_10.jpg

兄弟犬たちも一緒に楽しみました〜♪
 ←読んだよ~のクリックをお忘れなく♪
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー